???柿取り何て職業無いな?

要は小作の小作の小作やった訳だな?小作の小作の小作?それってなぁ?お肉屋さん?それってなぁ?津のうどん屋?博打で身上潰した?それってなぁ?自分で分かってないだけやんなぁ?親父がよくゆーてた。あいつ、うどん屋のくせにパパに偉そうな事言わんといてほしいねぇ!ってね。

柿安

概要編集
精肉・惣菜・レストラン・食品・和菓子の5事業を主要事業としている。店舗ブランドとしても採用されている現社名は、創業者である赤塚安次郎が果樹園において柿を栽培しており「柿の安さん」「柿安」と評判になっていたことに由来するという[2]。赤塚は1871年明治4年)、三重県桑名川岸町(現在の桑名市)において現在の事業の礎となる牛鍋屋を開業した[3]。1968年(昭和43年)11月、株式会社柿安本店として会社法人となり、現在に至っている[3]。

文明開化の時流を捉え牛鍋店を創業した赤塚は、「進取の気性」と「匠の技」を原点とし、生産者とともに良質の牛肉づくり、牛鍋の味の決め手であるというタレづくり、店舗の雰囲気づくりに力を入れたという[2]。特に店舗づくりにおいては、接客を担当する従業員に揃いの矢絣に深紅のたすきとその上から前掛けを着用させ江戸前の雰囲気を演出していたという[2]。

精肉事業においては、生産・加工・販売の製販一貫体制をとり、牛個体管理システムにより、導入血統厳選・飼料・肥育においても管理を徹底している[4]。主力の牛肉以外に豚肉として沖縄あぐ~豚や鹿児島黒豚プリンシャスポーク、鹿児島XX豚を開発[4]。さらに鶏肉としては、一度絶滅した地鶏を復活させた天草大王や自然の中で純天然飼料を与えて育てるすくすく鶏などを開発している[4]。

惣菜事業は、全国百貨店・ショッピングセンターのテナントとしての出店やロードサイド店舗によって展開している[5]。店頭における調理工程演示で集客を行っている[5]。

レストラン事業では、高品質の松阪牛を炭火あみ焼・すき焼・しゃぶしゃぶなどの様々な方法で調理した上で提供することでブランド化に成功している[6]。事業は全国レベルで展開され、和・洋・中メニューのほか、中華を基本とした創作料理(上海柿安)やオリジナルハンバーグメニュー(炭火焼ハンバーグカキヤス)のような多彩な新規メニューを提供している[6]。

食品事業の主力商品は牛肉しぐれ煮(柿安 料亭しぐれ煮)[7]。しぐれ煮は250年程前から桑名に伝わる代表的な製法により製造されているという[7]。

和菓子事業では、今でも昔ながらの手作りを守る[8]。そのルーツは料亭(本店)で提供していたわらび餅であり、その後店舗販売として拡大したものであるという[8]。
 
沿革編集
1871年明治4年)11月 - 三重県桑名川岸町において赤塚安次郎により牛鍋店柿安として創業する[3]。
1968年(昭和43年)11月 - 三重県桑名市において株式会社柿安本店として法人化する[3]。
1972年(昭和47年)8月 - 主力商品である牛肉しぐれ煮の販売を開始する[3]。
1973年(昭和48年)8月 - 本社を桑名市江戸町に移転する[3]。
1978年(昭和53年)9月 - 牛肉しぐれ煮の製造工場しぐれセンターを桑名市安永に新設する[3]
1981年(昭和56年)9月 - 精肉加工工場ミートセンターを桑名市安永に新設する[3]。
1985年(昭和60年)11月 - 牛肉の産地直送拠点フレッシュセンターを桑名市安永に新設する[3]。
1987年(昭和62年)7月 - 惣菜類の製造工場デリカセンターを桑名市片町に新設する[3]。
1989年(平成元年)2月 - 本社を桑名市吉之丸(現本社)に移転する[3]。
1997年(平成9年)6月 - 株式を日本証券協会ジャスダックに店頭登録する[3]。
1998年(平成10年)4月 - 洋惣菜の店柿安ダイニング1号店をそごう千葉店に開設する[3]
2001年(平成13年)4月 - 中華惣菜の店上海デリ1号店を大丸東京店に開設する[3]。
2002年(平成14年)8月 - 和菓子の柿次郎1号店を名鉄百貨店に開設する[3]。
12月 - 惣菜の路面店おかずや1号店を愛知県名古屋市名東区上社に開設する[3]。
2003年(平成15年)11月 - ビュッフェレストラン三尺三寸箸1号店を梅田HEPナビオに開設[3]。
2005年(平成17年)11月 - 和菓子の口福堂1号店をジャスコ木曽川店に開設する[3]。
2007年(平成19年)4月 - しゃぶしゃぶ・日本料理の柿安を名古屋市緑区滝の水に開設する[3]。
8月 - 炭火焼ハンバーグカキヤス1号店をイオンナゴヤドーム前ショッピングセンターに開設する[3]。
10月 - 中華ビュッフェレストラン上海柿安1号店をイオン大日ショッピングセンターに開設する[3]。
2008年(平成20年)4月 - 障害者雇用への取り組みを開始する[3]。
9月 - 和菓子の製造工場柿安スイーツファクトリーを桑名市陽だまりの丘に新設する[3]。
9月 - 炭火焼ステーキ・すき焼・しゃぶしゃぶ柿安を東京都中央区銀座に開設する[3]。
11月 - コーポレートブランド・店舗ブランドの再構築する[3]。
2009年(平成21年)3月 - 炭火焼ステーキ・すき焼・日本料理柿安を名古屋市中村区名駅に開設する[3]。
6月 - 障害者雇用への取り組みを柿安ハートフルパートナーズと命名する[3]。
9月 - 鹿児島県立鹿屋農高黒豚の販売を開始する[3]。
11月 - 第1回「おもてなしの心」コンテストを開催する[3]。
2010年(平成22年)1月 - 柿安 牛めし1号店を大丸京都店に開設する[3]。
4月 - 赤塚保名誉会長が藍綬褒章を受章する[3]。
6月 - 第1回「料理コンテスト」を開催する[3]。
9月 - グリル&カレーカキヤス1号店を御在所SA(現EXPASA御在所)に開設[3]。
9月 - 第1回「美し国 三重県フェア」開催[3]。
2011年(平成23年)3月 - 肉に特化した弁当店柿安をアミュプラザ博多に開設する[3]。
3月 - 炭火焼 牛たん安次郎をイオン大高に開設する[3]。
2012年(平成24年)1月 - 第1回「鹿児島うまかもんフェア」を開催する。
5月 - フードコート業態であるグリルカキヤスを東京スカイツリータウンソラマチに開設する[3]。
6月 - 第1回「加賀百万石うまいものフェア」を開催する。
2013年(平成25年)9月 - 第1回「アラスカシーフードフェア」を開催する。
10月 - 東京本部の事業所を統合する。
11月 - 新しい企業メッセージとして「おいしさ、育む。」を設定する。
2014年(平成26年)3月 - 和菓子の新業態である口福堂だんごをアルカード亀有に開設する。

だそうです。

オリックス

オリックス
企業理念

オリックスは、たえず市場の要請を先取りし、先進的・国際的な金融サービス事業を通じて、新しい価値と環境の創造を目指し、社会に貢献してまいります。

経営方針

オリックスは、お客さまの多様な要請に対し、たえず質の高いサービスを提供し、強い信頼関係の確立を目指します。

オリックスは、連結経営により、すべての経営資源を結集し、経営基盤の強化と持続的な成長を目指します。

オリックスは、人材の育成と役職員の自己研鑚による資質の向上を通じ、働く喜びと誇りを共感できる風土の醸成を目指します。

オリックスは、この経営方針の実践を通じて、中長期的な株主価値の増大を目指します。

行動指針

Creativity

先見性と柔軟性を持って、たえず創造力あふれる行動をとろう。

Integration

お互いの英知と情報を結合させ、人間的なふれあいを通じて、グループ力を高めよう。

EC21(Excellent Company 21)

オリックスでは、「21世紀におけるExcellent Company」を目指すために、企業行動憲章ともいうべき「EC21」を定めています。

1960年代

新しい金融手法「リース」を日本へ導入。いざなぎ景気にのり、企業基盤を確立

1964年4月、日本でのリース産業の将来性に着目した日綿実業(現 双日)と三和銀行(現 三菱UFJ銀行)は、日商、岩井産業(両社は合併して現 双日)の2商社と、東洋信託銀行(現 三菱UFJ信託銀行)、日本勧業銀行(現 みずほ銀行)、神戸銀行(現 三井住友銀行)、日本興業銀行(現 みずほ銀行)の4銀行の参加を得て、3商社、5銀行により、オリエント・リース(株)(現 オリックス(株))を設立しました。

設立時の社員は13人で、米国のU.S.リーシング社からリースビジネスを学び、米国から帰国したばかりの宮内義彦(現 シニア・チェアマン)もそのメンバーの一人でした。

1960年代後半から1970年代前半の経済成長期(「いざなぎ景気」)に、オリックスは新しい金融手法であったリースをパイオニアとして日本に導入することで、企業基盤を確立しました。

いざなぎ景気」に伴い、産業界の設備投資は増大、リース業も活況を呈し、リース会社の第一次設立ラッシュが起こったのもこの頃です。代表取締役社長である乾恒雄(代表取締役社長在職期間1967年から1980年)のリーダーシップのもと、リース資産を順調に積み上げるとともに、営業拠点の拡充を図ることで、商社など株主会社経由を主体とした営業スタイルから直接取引へと自主独立路線の基礎を築きました。

そして、創業から6年後の1970年4月には、大阪証券取引所第二部に、1973年2月には、東証大証名証市場第一部に株式を上場しました。

だそうです。