忍風カムイ外伝の外伝 火炙り

俺は暑い、熱い、江戸市中をくくられ引き回された上に、今はヤソの十字架型の火炙りの刑の直前だ。ん?確かに役人は俺の四肢をがっちりと縛ってはいる。普通は焼かれて骸のみが残る  俺の足元に火がつけられた。辺りは業火と煙。しかし、守が言っていた、俺にはたやすいこと。両手の縄は抜け、足もほどいた。次には?煙の中で、隠れみの術か、木の葉隠れか変わり身の術。骸が無ければ、役人は疑うだろう。元より死んだ猫の死体は、懐に。では!いざ!隠れみの術!そして、外界に!出た。守よありがたきこと、本来なら彼に土下座、しかし彼のワールドには無く、ましてや、この沙汰ではな。俺は江戸は、離れねばならない。西から来た、従ってより東か?歩み始めた。

大丘越前 辛い裁き、しかし

大丘越前の守である、皆の者!面をあげい!ははぁー。そなたが通称お猿小僧かむいこと、伊賀の国のカムイであるな、さよう相違ないか。ございません。そなたの行いし狼藉、御金蔵破り、石に変えると百万石に至る。これは、一国をつくれる程のもの。本来なら、八丈島送り、手に焼印が残る程度の罪ではある。が、額が額。断じて捨て置けぬ、従って市中引き回しのうえ、火炙りの刑とする。承知致しました。守様!守様!かむいに左様な刑をやめてくだされ!皆の者静まれ!人払いをせよ!カムイと二人だけ。そなたなら出来る!己が、出来る術を使えばのう。使うのじゃ!守様!ありがたき御言葉!やります。土下座はせんで良いぞ!私のワールドにその様なものは元来必要ない。はい。 では、再び人払い解除じゃ!沙汰は変わりなし!これにて一件落着!守様!人で無し!申した筈であるぞ、一件落着である!ははぁ!

銀鯨

私はアイハブ船長。捕鯨船の船長だ。私はかつて、マッコウクジラの銀鯨を仕留めようとした。銛を打ち込もうとした、この、強者鯨!俺が仕留めてみせる!すると、チェーンが足に絡まり、私は海に落ちた、凍てつく塩水を飲みながら、浮いていた。そこに銀鯨が戻り、私に襲いかかってきた。私は息も絶え絶えながらも抵抗し泳いだ。結局、右膝の下は奴に喰われた。長い漂流の末に何とかスターバック一等航海士等が、私の命を繫いでくれた。冷たい塩水が、流血をふさいでくれた面もあるが。私の右膝の下は、只の鉄の棒。しかし、私は銀鯨への怨念からか、鯨を、捕り捕り、捕まくった。結局、今も、捕鯨船の船長である。今、銀鯨が再び、私の船から見えるところに!スターバック主舵いっぱーい!帆をはれ!船長!この強風、荒波では?うるさい?船長か?お前?いえ。では、俺のゆーとーりにするのだ!はい。銀鯨が銛の射程内に!俺は撃った銛を渾身の力を込めて!外れた!あろうことか、奴は、この船めがけて、突っ込んで来た。船体は真っ二つに折れ沈没。俺は、片足が鉄の棒、海底に引きずり込まれた、やがて溺れ死ぬ・・・

スターバック副船長!もう諦めましょう!船長は最早海の藻屑!そうゆーいーかたはやめろ!しかし、そうだな、これ以上の救援捜索は二次被害にもつながる。では、ハワイ沖に向けて漕ぐんだ、この小舟を!ラジャー!アイハブ船長!私は誓うあなたの仇は私が!貴方の魂の安らかなることを、冷たい海の底ではありますが。申し訳ございません!きっと!

万屋 銅魂 猿飛また出た!

あ!メスブタ!すりよって来んなや!やーよ!うちはあんたのことがすっきゃねん!ズリズリ!キグラ!ちと助けてくれへん?はーい、わかったアル。押し入れからキグラが出て来た。銅ちゃんはそこになおれ!正座アル!綺麗なおねいさんは私の隣に。はい。大体ねぇ!銅ちゃん?あんたって子は何したいアルか?転職考えたり、時代劇もん書き込みしたり!でもね、キグラちゃん?銅ちゃんのそーゆーところに、惚れるのよ、萌えるのよ!はーい。でも私はまだまだ子どもアル。大人の気持ちは分かんない。大体、銅ちゃん!あんたの仕事は何アルか? だから、俺はな元精神科医だけどぅ、今は万屋!金のためとあれば何でもする、お仕事!ふーん、そうアルか?そしたら今月分の給料出るアルな? えーっ、メスブタ!金貸してくれへん?いやや!あーった!かだらで、払う!何プレイでもするから!嫌!私は金のためにあんたを好きなんとちゃう!好きやからすっきゃねん!では、また愛ましょう!消えた。キグラちゃん!あんがと!どーいたしましてアル。お小遣い100円あげるわ!あんがと!うまいぼー十本買えるアルな!わーい!でも、給料は今月分出すアルヨロシ。はい。働くわ!キャンサービームで!

銭形平太 お猿小僧かむいの巻き

あんた!行っておいで!火打ち打つかみさん、あいよ!俺は十手を腰に差し、捕物に出た。最近、御金蔵あらしのお猿のかむいとかゆー、とんでもない、腕っぷしの大強盗、その大部分をこの大江戸の市民達にぶちまけてやがる!いい事と悪い事半々だが、どちらかとゆーと、悪い!で、俺の出番さね!うっかり九兵衛!しかと!親分、もう掴んでまさぁ、今夜、越後屋の御金蔵破るみたいでさぁ!よくやった、では、そこで待ち伏せして召し上げよう!合点! 来た、荒らした後、風呂敷袋に入れて、逃げようとするところに出会った。銭形だな?そうさ、お前はかむい、その身のこなし、おめーは伊賀者だな!流石親分、俺は元伊賀忍者カムイ。お前程の腕のたつ者が何故に御金蔵破り?俺はな、貧しき者を苦しめ、おのれが肥え太るあほ商人、代官達が許せなかった!今、貴様を殺す術は、幾つもある。しかし、元は同じ身分、見逃してくれ。そーは行かねー!おめぇの気持ちは分からなくもねぇが、おらぁ十手持ち!九兵衛行け!へー親分!ならば、また会おうぜ!かむいは、するりと金を置いて、消えちまった、銭は投げたが、手裏剣程の威力は、ねぇ、奴は手裏剣ですら短刀で返すときく。何れ、あいまみえる、だろうな!九兵衛、一杯やって帰ろうか?へぇ親分奢りですよね?あたり前田のクラッカー!