精神科医とは、全然、関係ない思いです

原発について、どんな地震が来るかは解らない。でも原発は何としても稼働するとしたら、浮体工法式の、原発を海上数kmに作ったらどうでしょう⁉️曳航できれば、よいのでは⁉️

ほんねは、小泉元首相、共産党、しい委員長の云われるように原発なしで、数年OKだったので、原発には反対ですが。

更に、国際社会に対する、日本の核問題に対する発信は、矛盾に満ちていると思っています。世界で唯一の被爆国なのに、核軍縮に批准しないのは!

また、沖縄の上陸戦では、ひめゆり部隊をはじめ、非戦闘員も火炎放射器で焼き払ったと、いう歴史もありますからね。

最期に、力付くでも、沖縄に基地を作る国の姿勢には、賛同出来ません。全国で、分担すべきと思っています。あの、自然破壊も暴挙と思っています。

一つ、抜けていました!

更に、戦略的攻撃は止めてほしい。例えば、先の大戦の東京・ドレスデン大空襲等。戦術的には、理解できないこともないですが。

ついでに、もう一度、戦術拠点の攻撃は、仕方ないとしても、一般人を殺さないで、です。広島、長崎の悲劇は二度とあってはならない!です。

高齢者に対しての3種について。

最近の、知見です。高齢者には、例の3種、アリピプラゾール3mg 1T 分2  夕食頃と寝る前で、効果ありと感じてます。

更に、若い人、2・3十代で、Sc.診断基準に至らない方には、6mg  2T 分2 夕食頃と寝る前に効果があると、考えてます。

わけてもレビー小体型認知症の方には、前者の、処方は良いと経験しています。

前回、ブログで認知症の周辺症状について、お伝えしますと記しましたが、初期Sc.についての解説不足と思いましたので、記します。4つの症状を示しましたが、何れも、私の解釈では、統合失調症の症状の極めて極めて軽い症状と考えています。それらの症状が、うつ病の診断基準を満たす方の半分以上に見られます、と云うことをお伝えしたかったのです。
次回は、認知症の周辺症状とその治療についての私なりの工夫について、お伝えします予定です。

H290404
ブログに書き込みしてましたが、お伝えしたい事が多すぎて、面倒くさくなりました。直接TELください。09014120612病院のTELです。
因みに最後の情報提供です。
認知症の方の多くは夜間せんもうが合併しています。それには、セレネース0.75mg1T ヒベルナ5mg4T夕方と寝る前が抜群の効果があります。それと睡眠薬はルネスタ2mg1T ロゼレム1Tが抜群の効果があります。更に、易怒性にはバルプロ酸VPA100mg分4 即ち一回25mgが極めて効果があります。私のご報告は全て数百例レベルでの経験に元ずくものである事を、最後に付与致します。

私は、ただの精神科医です。
が、私なりの発見もあります。
随時、お伝えしたいと思います。

1*
中安先生の初期分裂病という概念があります。症状は 1 自生思考 2 緊迫困惑気分 3 漠とした被注察感 4 気づきの亢進 です。
私の経験では、うつ病の診断基準を満たす、半分以上の方にこの症状があります。数百例以上の症例数です。
今は分裂病という病名はないので、以降、初期分裂を初期Sc.と記します。
この初期Sc.症状を持った、患者様には、うつ病の薬だけでは、なかなか快方に向かいません。
私の処方例です。
アリピプラゾール 3mg 2T
プロメタジン 5mg 4T
クロナゼパム 0.5mg 4T
分2 夕と寝る前です。年齢等で各薬用量は微調整しています。
精神科医の先生は問診の後、一度お試しください。この処方は、他にも、強迫症状、心気症状、レビー小体型認知症の幻覚、妄想にも効果があることを確認しています。
私は、認知症疾患関連病院の医師ですが、外来では、17歳~90歳まで診療しています。次回は、認知症の周辺症状に対する処方経験を記す予定です。

私は、ただの精神科医です。
が、私なりの発見もあります。
随時、お伝えしたいと思います。

1*
中安先生の初期分裂病という概念があります。症状は 1 自生思考 2 緊迫困惑気分 3 漠とした被注察感 4 気づきの亢進 です。
私の経験では、うつ病の診断基準を満たす、半分以上の方にこの症状があります。数百例以上の症例数です。
今は分裂病という病名はないので、以降、初期分裂を初期Sc.と記します。
この初期Sc.症状を持った、患者様には、うつ病の薬だけでは、なかなか快方に向かいません。
私の処方例です。
アリピプラゾール 3mg 2T
プロメタジン 5mg 4T
クロナゼパム 0.5mg 4T
分2 夕と寝る前です。この処方セットを仮にS3と命名しておきます。年齢等で各薬用量は微調整しています。
精神科医の先生は問診の後、一度お試しください。この処方は、他にも、強迫症状、心気症状、レビー小体型認知症の幻覚、妄想にも効果があることを確認しています。
私は、認知症疾患関連病院の医師ですが、外来では、17歳~90歳まで診療しています。次回は、認知症の周辺症状に対する処方経験を記す予定です。